789
Fav
  2019年02月01日    

田後でダンゴウオ&いろいろな生物探し♪ むらいさちの「ゆるフォト水中撮影講座」

ゆるフォトカメラマンむらいさちさんが、「ゆるく楽しく水中写真!」をモットーに撮影のポイントを紹介! 今年の春は、鳥取県田後へダンゴウオをはじめとするカワイイ生物たちを狙いに行きましょう!


皆さんこんにちは! 日本海で潜ったことがないかたにはどんな海か想像しにくいかもしれませんが、鳥取県の田後(たじり)は、ダンゴウオがすごいんです。僕は毎年春にダンゴウオの撮影をメインに田後に行くのですが、ダンゴちゃんの個体数では日本で一番多いのではないかと思います。当然昨年もダンゴウオ狙いでしたが、ダンゴウオ以外にもいろいろな生物の写真を撮ってきましたので、今回はそんな子たちを紹介しようと思います。暖かくなっていくと生物もどんどん増えてきて楽しい海の季節になっていきます。カメラを持って海へ行きましょう!

アマモの上で気持ちよさそうにアナハゼ君がゆらゆらしていました。

01 ゆらゆらヒメタツ

最近タツノオトシゴからヒメタツだと判明した田後のタツ。ガイドの山崎さんが情熱的に追いかけており、交尾や産卵も撮影されています。ダンゴちゃんもいいけどヒメタツもぜひ見てね。

タツ系は実は神経質で、人が来ると写真のようにそっと逃げていきます。だから撮影はけっこう難しいのです。目の前にはいるのにもどかしい…。

それでも待っていると、動いてくれたり、こちらを気にしない個体に出会えたり。うねりがあるときには、うねりに乗ってこっち側に来てくれたりします。その瞬間を逃さずに撮影!

ほぼ逃げかけてますが…、それでもしっぽのシマシマがかわいいので撮影してみると、これはこれで作品になったりします。とにかく気長に、諦めないことですね。

02 ゆらゆらイソギンチャク

砂地を見てみると、決して派手ではない、きっと僕くらいしか興味を持たなさそうなイソギンチャクがありました(笑)。この地味なイソギンチャクをどうにか絵にできないかチャレンジしてみました。

ストロボを光らせずそのまま撮影。透明度が悪く水の色そのままの緑になってしまいました・・・。

そこでストロボを発光しました。水の緑色は消えてもともとの美しい色が再現されました。ボケを使ってふんわり仕上げています。

緑の水の色が嫌なので、ストロボは発光させず、ホワイトバランスを青くしてみました。こうなるとかなりイメージっぽい写真になりますが、不思議な感じが演出できました。この3点の中では僕はこれがお気に入りです。いろいろ試すことって大切です。

03 ギンポちゃんサプライズ

撮影期間中は海が荒れてしまい、内湾にも潜りました。そういうときは当然透明度も落ちているので、ワイドは諦めてマクロで攻めます。コケギンポ系はそんなときにとても撮りやすい被写体です。

元気いっぱい巣穴から顔を出すギンポちゃん。このとき、いつ
もより活発に出たり入ったり激しい動きをしていました。

ひょっこり巣穴に隠れたこんな瞬間も可愛らしくて撮影していたら・・・。

なんと、巣穴の中に卵を持っていたんです! しかもお目々までぱっちり見えて、ハッチアウト寸前でした。こういったときはピントを深くして、ストロボも強くして中までしっかり当たるように心がけます。

誰でも簡単・楽チンをモットーに月刊DIVERで連載中の「ゆるフォト」のバックナンバーです。(DIVER 2018年7月号掲載)

協力:ブルーライン田後

コラムニスト

むらい さちさん

プロカメラマンなのに、メカが苦手という致命的な欠陥があるが、だからこそメカが苦手な女性の気持ちがよくわかると勝手に思い込みこの連載をスタート。スタンスは、今も変わらず「ゆるく楽しく水中写真!」。

DIVERMAG/PHOTO DIVERMAG/PHOTO
DIVERMAG公式アカウント。写真に関する記事を投稿しています。
この記事が気に入ったらいいね!しよう最新情報をお届けします
カテゴリ: 写真
エリア: 中国

キュレーター紹介
DIVERMAG/PHOTO
DIVERMAG/PHOTO
DIVERMAG公式アカウント。写真に関する記事を投稿しています。

no comments

SNSでDIVERMAGをフォローしよう!