779
Fav
  2018年11月26日    

満員御礼!! CLUB DIVERで出かけよう!横浜・大さん橋発 東海汽船で行く、年忘れ?!伊豆大島ツアー

1人でも!器材を持っていなくても!Cカードさえあれば誰でも気軽に参加できる、月刊DIVERのコミュニティ『CLUB DIVER』。2018年12月7日(金)夜~9日の2泊3日で、年内最後の伊豆大島ツアーを行います!


写真=イエローダイブ

伊豆大島でダイビング&温泉&ちょっと早い忘年会?!

東京から南へ120kmに位置し、伊豆七島の中では最も大きいとされる、伊豆大島。飛行機を使わなくとも、東海汽船に乗ってわずか数時間で、もうそこは自然あふれるジオパークです!

ビーチダイビングが主流ですが、 個性溢れるポイントは地形派、大物派、マクロ派、フォト派など、ダイバーも飽きさせません。悪天候でも島影になるポイントは潜れる可能性が高いのも魅力!

アフターダイブは人気の日帰り温泉施設「元町浜の湯」へ。広々とした男女混浴の絶景露天風呂で、水着を着用して入浴します。また、通称「バームクーヘン」と呼ばれる地層切断面や黒い溶岩が砕かれてできた黒いビーチ「砂の浜」を観光!

夜はイエローダイブ古山さんオススメのお店で、この時期にしか味わえない食材を使ったお料理に舌鼓!伊豆大島ならではの味付けで、島を丸ごといただきましょう!

ツアーリポートは後日、本誌にて掲載予定!
是非、ご参加ください!

日程

2018年12月7日(土)夜~9日(日)

ツアー代金

お1人様 ¥58,000(税込)

【料金に含まれるもの】
3ダイブ代(ガイド料含む)、器材レンタル代、宿泊代(9日朝食付き)、8日朝食&昼食代、日帰り温泉代

※ドライスーツのレンタルをご希望の方は+3,000円いただきます。
※8日夕食代、9日昼食代は含まれておりません。
※ご自宅⇔港の往復交通費は含まれておりません。
※往路を東京・竹芝客船ターミナル(22:00発)から乗船いただくことも可能です。また、復路は久里浜港(15:35着)、もしくは東京・竹芝客船ターミナル(16:40着)から下船場所をお選びいただけます。(どちらで乗船・下船されましても、差額の返金はいたし兼ねます。)

写真=イエローダイブ

スケジュール

12/7(金)
22:30  横浜・大さん橋集合
23:30  大型客船にて出港
[船内泊]

12/8(土)
06:00   伊豆大島着
07:00  イエローダイブにて朝食
08:00〜 2ダイブ
13:00  昼食(お弁当)
14:00〜 日帰り温泉→島内観光
16:00〜 チェックイン 
17:30〜 夕食
[宿泊]

12/9(日)
07:00〜 朝食
08:00〜 1ダイブ
12:00  昼食
14:35  ジェット船にて出港
15:35  久里浜港着→解散
16:40  東京・竹芝客船ターミナル着→解散

※宿はイエローダイブ併設のコムギテラス(男女別4人部屋)を予定しております。
※スケジュールは変更となる場合がございます。

参加条件・概要

Cカード保持者
(オープン・ウォーター・ダイバーまたは同等レベル以上のライセンスをお持ちの方)

ツアー定員:8名まで
(最少催行人数は5名となります)

持ち物

Cカード
ログブック
ドライスーツのインナー
タオル
着替え
宿泊に必要なもの
水着(温泉入浴用)
現金(食事代、お土産代など)

申し込み・お問い合わせ先

※こちらの募集は締め切りました!

<お申し込みの流れ>
1、お申し込みフォームにご入力と送信をお願いいたします。
2、弊社にて確認後、担当者よりメールをお送りいたします。
添付のご請求書に記載されております銀行口座へ、お振り込みをお願いいたします。
(※お支払いは銀行振り込みのみとなります。)
3、お申し込み完了です!

※グループでご参加を希望される場合でも、お1人様ずつのお申し込みが必要となります。

【三浦 海の学校 担当:稲葉】
TEL :046-880-0835
Mail:<a href="mailto:info@ocean-academy.net" target="_blank">info@ocean-academy.net</a>

CLUB DIVER CLUB DIVER
月刊DIVERのコミュニティを立ち上げよう! と誕生した『CLUB DIVER』。毎月開催しているダイビングツアー...
この記事が気に入ったらいいね!しよう最新情報をお届けします

エリア: 伊豆諸島・小笠原

キュレーター紹介
CLUB DIVER
CLUB DIVER
月刊DIVERのコミュニティを立ち上げよう! と誕生した『CLUB DIVER』。毎月開催しているダイビングツアーやイベントでは、参加者を募集しています!

no comments

SNSでDIVERMAGをフォローしよう!