734
Fav
  2018年09月28日    

沖縄でインストラクターになる!~卒業、そして夢に向かって!【最終回】

「ダイビング・インストラクターになりたい! でもお金も時間もない……」とあきらめていませんか。そんなあなたの夢を叶えてくれるのが、〈マリンハウスシーサー〉の「ワーキング・スタディ」。実質タダでインストラクターになれる驚きのシステムです。


今回で連載も最終回です。11カ月間で、ひよっこダイバーから即戦力となるインストラクターに成長したコース生たちも、いよいよ卒業を迎えます。気になる卒業後の進路は? そして将来の夢は?

優先的にシーサーの契約社員・正社員として採用

シーサーでは、インストラクターコースの修了生を優先的に契約社員・社員として採用。実際に卒業生の多くがシーサーに就職を希望し、各店舗で活躍しています。

【主な配属先】
・マリンハウスシーサー那覇店(那覇市)
・マリンハウスシーサー阿嘉島店(慶良間諸島)
・マリンハウスシーサーセブ店(フィリピン)

スキルアップできる職場環境

卒業生の多くがシーサーに就職を希望するのには「理由」があります。

ファンダイビングのガイドや講習はもちろんのこと、操船や機器のメンテナンスなど、スキルアップをするチャンスがたくさんあるからなんです。
さらに次のステップは、新人トレーニング・メニューの運営管理・各施設の管理など、現場のリーダーとして活躍できるような教育システムがあります。

【スキルアップの例】
・各種ライセンス講習
・器材のオーバーホール
・タンク・チャージ施設のメンテナンス
・車両船舶のメンテナンス など

女性に優しい

体力面、結婚や出産……女性ならではの心配は?

女性のインストラクターも長く活躍できるよう、体調に配慮したシフトを組んでいるシーサー。ライフステージの変化に応じて、働きやすい部署への異動も可能です。
インストラクターから受付事務へ、子育てをしながら時短勤務など、柔軟な勤務が可能なのは、大きな安心ですね。

将来のキャリアマネジメント

「海のエキスパートになりたい」「店長として活躍したい」「人材育成に携わりたい」など、さまざまな道に進むことができます。
たとえば、ガイドとして経験をかさねた後、店舗運営、海外市場の開拓など、やる気次第で幅広くキャリアを伸ばすことができます。

ダイビング・インストラクター、それ以上

これらが可能なのは、シーサーが会社組織だから。
現場の最前線だけでなく、それを支える部署、関連事業など、幅広く事業を展開しています。だからいろいろな仕事があり、所属するスタッフの「やりたいこと」も「得意なこと」もさまざま。

大好きな海に関わりながら、いろんな未来があります。

その他の選択肢

「別のダイビングショップを経験してみたい」「海外に行ってみたい」という場合でも、心配無用! シーサー以外の就職相談も行っています。

コース生のリアルボイス

入学当初、ひよっこダイバーだったコース生

さて、間もなく卒業を迎える今年のコース生たち。
彼らも全員、シーサーに就職を希望しています。シーサーの「ダイビングインストラクターカレッジ(SSC)」だから成長できたこと、学べたこと、得られたもの…。皆さんに聞いてみました!

那覇店で頑張る青戸くん、伊集さん、河嶋くん

青戸くん

目標:人に教えるのが好きなので、講習をたくさんやりたいです。

将来の夢:もともと海外に住みたかった。イントラの資格があれば、海外でも仕事ができます。ダイビング業界に入って、先輩方の話などを聞き、海外移住をより具体的にイメージできるようになりました。

SSCの感想:シーサーには外国人スタッフ(欧米・中国・台湾・韓国)がたくさんいるので、言葉の勉強にはすごくよい環境でした。いろんな国の情報を収集できたのも良かったです。またシーサーは会社組織なので、望めば経営も勉強できます。すべては自分のやる気次第!

伊集さん

目標と将来の夢:私は沖縄出身のウチナーンチュなので、沖縄の人にもっと海を知ってほしいです。沖縄の人はダイビングをしたことがない人が多いし、大人になると「海は眺めるもの」になってしまう。ダイビングやスノーケルをしたら「海はもっと楽しい!」ということを伝えたいです!

SSCの感想:県内の企業説明会でSSCのことを知って、社員の方に相談に乗ってもらった上で、入学を決めました。SSCにはいろいろ……泣いたり笑ったり、徹夜で勉強したり……喜怒哀楽が全部つまってた!みんながいたから、ここまで来ることができました。SSCに入って本当に良かったです。

DIVERMAG編集部 DIVERMAG編集部
DIVERMAG(ダイバーマグ)公式アカウント。ダイビングや海、旅の情報など、あなたの毎日が楽しくなる情報を発信し...
この記事が気に入ったらいいね!しよう最新情報をお届けします



関連するタグ
キュレーター紹介
DIVERMAG編集部
DIVERMAG編集部
DIVERMAG(ダイバーマグ)公式アカウント。ダイビングや海、旅の情報など、あなたの毎日が楽しくなる情報を発信していきます。

no comments

SNSでDIVERMAGをフォローしよう!