629
Fav
  2018年06月22日    

目を奪われる水中ドラマ。中村征夫さん監修の写真展が今年も開催中

7回目となる写真家・中村征夫さん監修のアマチュア水中写真愛好家の写真展「水のとき」が東京・富士フォトギャラリー銀座にて開催中です。


「組写真」でドラマを演出

7回目となる「水のとき」ですが、今回は例年とは趣向が変わり、2点1組の「組写真」での募集でした。出展者の中には、組写真と聞いてとまどいもあったそうですが、中村征夫さんから「同じ生き物が同じ場所で姿を変えたり、何もなかった場所にいきなり魚群が現れたり、『へぇ!』と思える作品を募集します」というアドバイスをもらい作品選びをしたとのこと。それぞれにドラマ性がある作品が並び、ストーリーが感じられる写真展となりました。中村さんは、写真のセレクトや展示の順番、プリントのチェックなど細部まで監修したそうです。そして今年はご自身も作品を出展しています。どんな作品か、ぜひ会場で見つけてみてくださいね。

組写真で表現される水中世界ならではのストーリー

抱卵中の卵と稚魚がハッチアウトする瞬間、擬態前と擬態後、歳月の移り変わりなど、組写真ならではのストーリー性がある写真が並んでいました。写真1点で表現するのとはひと味ちがった、とても見応えのある見応えのある作品展です。

展示作品は48点。48通りの物語を見ることができました。

あっと驚く水中の物語。みなさんもぜひ見に来てくださいね。


写真展「水のとき」
6月22日(金)〜6月28日(木)
10:30〜19:00(最終日14:00まで)
土曜・日曜 11:00〜17:00
富士フォトギャラリー銀座

DIVERMAG編集部 DIVERMAG編集部
DIVERMAG(ダイバーマグ)公式アカウント。ダイビングや海、旅の情報など、あなたの毎日が楽しくなる情報を発信し...
この記事が気に入ったらいいね!しよう最新情報をお届けします



キュレーター紹介
DIVERMAG編集部
DIVERMAG編集部
DIVERMAG(ダイバーマグ)公式アカウント。ダイビングや海、旅の情報など、あなたの毎日が楽しくなる情報を発信していきます。

no comments

SNSでDIVERMAGをフォローしよう!