622
Fav
  2018年06月20日       TREASURES

直行便就航で、注目度急上昇 「チュークってどんなとこ?」Part.1

9/1からニューギニア航空が直行便を就航させることで、にわかに注目度が高まっているチューク。各方面のスペシャリストたちにその魅力を聞いていきます。第1回は、チュークで唯一の日本人経営のダイビングショップTREASURESのガイドとして活躍中のumiさんです。


ダイビングガイドのumiさんって、どんな人?

チュークで潜ったことがきっかけでダイビングの楽しさを知り、以降毎週伊豆に通う。3度目のチューク来島時にスタッフとしての誘いを受けて移住。休日はリール片手に船内の暗闇を突き進む!

ーーすぐにレックダイビングの魅力に目覚めたのですか?

私が初めてチュークを訪れたのはブランク4年、本数10本の所謂「Cカード取得しただけダイバー」でした。ですのでチュークで潜った時に、当然ながら沈船で全く中性浮力が取れず悔しい思いをしました。「上手くなって一年後リベンジしてやろう」と思ったのがきっかけです。ですのでレックダイビングに目覚めたというよりも、ダイビングそのものに目覚めたきっかけがチュークだったということです。最初は魚も写真も興味がなく(後にそれらの面白さは知りましたが)、最初はとにかく中性浮力をマスターしていくことが楽しかったです。

01.チュークを知ったきっかけは?

友人にダイビング旅行に誘われて、何も知らずについて行った先がチュークでした。

02.チュークとのかかわりはどのくらい?

初めて来たのが9年前で、移住して6年目です。

03.チュークの人たちはどんな国民性だと思いますか?

チュークのメインの島は空港やホテルのあるウェノ島ですが、この島と同じくらいの大きさの島がいくつもあり、それぞれにたくさんの人たちが住んでいます。電気や電話があるのはウェノ島だけなのですが、そのウェノ島の人たちでさえもほとんどが時計を持たないのんびりとした生活を送っています。時計がないので雨が降ると時間がわからず(太陽でおおよその時間を計っているため)、遅刻したり来なかったりします(笑)。

人々はシャイですがお喋りが好きで、感情豊かです。カメラを持っていると「シャシン、シャシン」と声を掛けてくるので、撮って見せてあげるととても喜びます。あとちょっとしたチューク語を口にするとすごく盛り上がりますよ!

島の子供たちです。ニワトリを持っていますが、これは日常風景です

ーー使えるチューク語を教えて!

鉄板は”ありがとうございます”の意味の「きりっ(→)しょう(→)ちゃー(→)ぷー(→)る(↓)」(”ありがとう”の「キリッショー」でもOK)これを言うと、大抵「お~、あなたはチューク語知ってるのね!」と言われますので、そこで「いえす、ちちばんど!」と言えばドカンとウケます(笑)。日本語はかなり現地語として残っていて、例えばカメラを構えて「写真、写真」と言うとポーズを取ってくれます。シャシンはそのままチューク語になっています。他にも「最後」「先生」「よーいどん!」などたくさんの日本語由来のチューク語があるので、探してみるとおもしろいです。

04.チュークのグルメ情報を教えてください。

チュークのローカルフードはタロイモ、バナナやパンの実などがありますが、食べて美味しいのは各々がオリジナルのタレに漬け込んで焼くBBQ!お祝いの時にはブタの丸焼きが追加されます。

収納ケースに入って出てくることもあります(笑)細かいことは気にしないチューク人スタイルです。見た目はアレですが、非常に美味しいです

チキン・スペアリブ・ソーセージのBBQです。香ばしい匂いが食欲をそそります

05.チュークで感動したことは?

いつもは(簡単なのに)2週間かかってしまう役所手続きが2日で終わった (チューク人もやればできるじゃん!)、「後で電話するわ~」と言われたのちに本当にかかってきた(チューク人もやればできるじゃん!)、あと星がキレイ。

06.チュークの「やっぱりこんなところがいいとこだな」と改めて感じることは?

青い海と空に緑の木々が茂る島は日常で見ている景色ですが、6年経って見ても毎日美しく、「あ~いいところだなぁ」と感じています。

07.チュークで正直ムムム……と思ってしまうことは?

チューク人の責任感のなさと不真面目さ故に、何をするにも時間がかかるので、そこはどうにかしてほしいなぁ……

DIVERMAG編集部 DIVERMAG編集部
DIVERMAG(ダイバーマグ)公式アカウント。ダイビングや海、旅の情報など、あなたの毎日が楽しくなる情報を発信し...
この記事が気に入ったらいいね!しよう最新情報をお届けします

エリア: その他ミクロネシア

キュレーター紹介
DIVERMAG編集部
DIVERMAG編集部
DIVERMAG(ダイバーマグ)公式アカウント。ダイビングや海、旅の情報など、あなたの毎日が楽しくなる情報を発信していきます。

no comments

SNSでDIVERMAGをフォローしよう!