60
Fav
  2017年04月25日    

星のや竹富島で極上のマジックアワーを!「星砂ビーチダイニング」

沖縄県・竹富島にある滞在型リゾート「星のや竹富島」では、マジックアワーを楽しめるディナープラン「星砂ビーチダイニング」を、 2017年7月1日から2017年9月30日までの期間限定で開催します。


憧れの、星のや竹富島

青い空。白い砂浜。コバルト色の美しい海。赤い瓦の集落。サンゴの石垣の島特有の建築に、のんびりと歩をすすめる水牛。

日本でも屈指のサンゴ礁を誇る八重山諸島のなかでもゆったりとスローな時間が流れる竹富島にあり、日頃の喧騒を忘れさせてくれる憧れのリゾートが「星のや竹富島」です。

マジックアワーを楽しめるディナープラン「星砂ビーチダイニング」

2017年7月1日から9月30日までの期間限定で、マジックアワーを楽しめるディナープラン「星砂ビーチダイニング」が開催されます。海から吹く南風が心地よい夏の夜、海のさざ波と木々のざわめき、鳥の鳴き声しか聞こえないビーチに設えたダイニングで、シェフ特製のグリルコースを堪能。さらに、食後のくつろぎタイムを満喫できる特別席「アフターラウンジ」では、ハンモックに寝転んで、ソムリエ特製のフローズンカクテル「カフェ・エ トワール」を楽しめます。

大切な人と過ごす贅沢な島時間を

八重山諸島の夏の夜は、海から吹く南風が島を吹き抜けるため、都会より涼やか。そんな環境のもと、全5皿から構成されたグリルコースを白砂のビーチで楽しめます。食後は、ダイニングから3メートルほど離れた場所に設えた「アフターラウンジ」へ移動して、波の音を聞きながらハンモックに身をしずめ、満天の星空に包まれる 贅沢なひとときを過ごすことができます。自然を感じつつ、大切な人と心ゆくまでくつろぐ贅沢なひととき。

自然と溶け合う、極上のダイニング

星砂ビーチダイニングの舞台となるアイヤル浜の名前の由来は東乃浜。陽射しの強い夏の西日を避けることができ、 視界を妨げるものがないため、夕焼けに染まる広い空を望めます。空の色が茜色から藍色へと変化し、陽が暮れた後は、88ある星座の中でも84個の星座が見えると言われる八重山の星のきらめきを感じながら食事を楽しむことができます。

青い炎が揺れる「カフェ・エトワール」

アフターラウンジでいただくカクテルは、青い炎が特徴的な「カフェ・エトワール」。

コーヒー泡盛(泡盛をコーヒーで割ったもの)を使ったフローズンコーヒーと、ミルクに柑橘の香りをつけたフローズンミルクの2層からなる、冷たくシャリシャリしたカクテルです。上から青い炎がついたアルコール度数60度の花酒をまわしかけて香りづけ。ほろ苦いカクテルに柑橘の香りが漂います。ゆったりと過ごしたいときのお供にぴったり。

シェフ特製のグリルコースに舌鼓

星のや竹富島のシェフが考案した全5皿の特製コースでは、沖縄の代表的な魚「ミーバイ」を使った料理や牛肉の塩釜焼きが振る舞われます。せっかくなら料理に合わせたワインも楽しみたいですね(飲み物は別料金)

<メニュー例>
1品目:トマトのクリアースープと3種のピンチョス
2品目:アーサーの香るカジキのタルタル彩り
3品目:バナナの葉で包んだ魚介のヴァプール ハーブの野菜のガルグイユ仕立
4品目:牛肉の塩釜焼き 夏野菜のブロシェットと共に
5品目:完熟パインスープ はちみつのアイスクリームを添えて
*食材の入荷によって、内容が異なる場合あり。

星砂ビーチダイニングの概要

■開催期間:2017年7月1日~9月30日
■時間:18:00スタート
■場所:アイヤル浜(星のや竹富島から徒歩5分)
■対象:星のや竹富島宿泊者
■予約:要
■料金:1名様 16,000円(宿泊料・税・サービス料別)
■内容:グリルコース(全5皿)、カフェ・エトワール、ラウンジ利用
■詳細:http://hoshinoyataketomijima.com/#/dining/menu

星のや竹富島

竹富島の東、アイヤル浜海岸に向かう蝶の道を進んだ先にある琉球赤瓦の 集落。約2万坪の敷地には、島内の家々と同じように「竹富島景観形成マニュアル」に従い、 伝統を尊重して建てた戸建の客室、白砂の路地、プール、集いの館、スパ、見晴台など小さな 集落が構成されています。
住所:〒907−1101 沖縄県八重山郡竹富町竹富/部屋数 48室
http://hoshinoyataketomijima.com/

離島の集落に滞在する

今後も、アイヤル浜で開催するプログラム「島サンドのピクニック朝食」や「二人だけの隠れ家ビーチ」など、「離島の集落に滞在する」をテーマに、普段都会で忙しく生活するゲストが自然とともにある島の暮らしの心地よさを感じられるようなプログラムを準備しているそう。どれもこれも、特別な時間が過ごせそうでとても楽しみです。

DIVERMAG編集部 DIVERMAG編集部
DIVERMAG(ダイバーマグ)公式アカウント。ダイビングや海、旅の情報など、あなたの毎日が楽しくなる情報を発信し...
この記事が気に入ったらいいね!しよう最新情報をお届けします
カテゴリ: ニュース
エリア: その他沖縄離島

キュレーター紹介
DIVERMAG編集部
DIVERMAG編集部
DIVERMAG(ダイバーマグ)公式アカウント。ダイビングや海、旅の情報など、あなたの毎日が楽しくなる情報を発信していきます。

no comments

SNSでDIVERMAGをフォローしよう!