589
Fav
  2018年05月31日    

ジープ島が、グッと近くに! ニューギニア航空、直行便就航!!

みなさんこんにちは。Jeep島フォトグラファーのタカマロです! 今回はチュークへの直行便を就航させた ニューギニア航空のご紹介をいたします!


ビッグニュースです!!
なんと、ジープ島があるミクロネシアのチュークへ、直行便の就航が決定しました!

その航空会社は『ニューギニア航空』!!!!

これにより日本からチュークまでの所要時間が、なんと4時間半程度に!!

今回はニューギニア航空のフライトスケジュールをご紹介いたします。

これまでの行き方。

これまで、チュークを含むミクロネシア連邦への旅行はユナイテッド航空が1社のみで行なっていました。
以前の記事でご紹介したとおり、グアム〜チューク間が週に5便はあるものの、グアムでのトランジット(乗継)が必須となっており、1度アメリカに入国して息つく間もなく出国をするという非効率的な行程があります。
また、出発の日によってはグアム空港での待機時間が7時間なんて時も。。。
結局、日本を出てからチュークに到着するまで最短でも12時間、長くて20時間程度は掛かっていました。

さらに、グアムの空港は行った事がある人であればお分かりと思いますが

ここ南国だよね?


と、自分が今いる場所を改めて考え直すほど、エアコンの効きが抜群です。
海に潜る前だというのに、目的地に到着する前に風邪をひいてしまいそうです。

これからの行き方!

TAKAMAROさん(@takamaro_photographer)がシェアした投稿 -

直行便が就航する事によって上記のストレスから解放されてジープ島へ行く事ができます。
出発が成田空港のみではありますが、グアムでの乗り継ぎの心配がなくなるため
とても行きやすくなりました。

海外旅行が初めての方も、小さなお子さん連れのご家族も、搭乗が1度で済む事で不安な部分は大きく減ったのではないでしょうか。

1度やってみたかった、ドルフィンスイムや星空レストランがより身近なものになりました!

フライトスケジュール

気になるフライトスケジュールはご覧の通りです。

利用できる空港は、成田空港からチューク国際空港のみです。
ニューギニア航空は、その名のとおりパプアニューギニアへの航路を持っています。
そのため、チュークで人を降ろした後にパプアニューギニアのポートモレスビーへと向かいます。

さて、このフライトスケジュールであれば
例えば、水曜日の夜(21:35)に出発して、木曜日の早朝(3:25)に到着。
木曜日と金曜日にチュークで遊んで、土曜日(20:25)に帰国。
これなら関東周辺の人であれば、木曜日と金曜日にお休みを取れば
憧れのジープ島へ気軽に行く事ができるでしょう!

就航開始は2018年9月1日から!

今まで、憧れていたジープ島はニューギニア航空の就航により
もっと身近なものになりました。

2018年9月1日から就航がスタートします!
これから夏休みの計画を立てる人は、検討してみてはいかがでしょうか?

※執筆時点では旅行会社の対応が間に合っていないかもしれませんが
 詳しくは、ジープ島旅行会社へお問い合わせください。

それでは今回は以上です! 次回をまたお楽しみに!!

takamaro takamaro
Jeep島フォトグラファー。これまでに8回訪問し撮影した写真でJeep島を紹介していきます! 
この記事が気に入ったらいいね!しよう最新情報をお届けします
カテゴリ:
エリア: その他ミクロネシア

キュレーター紹介
takamaro
takamaro
Jeep島フォトグラファー。これまでに8回訪問し撮影した写真でJeep島を紹介していきます! 

no comments

SNSでDIVERMAGをフォローしよう!