508
Fav
  2018年04月05日    

夏休み・タオ島でダイビング Vol.2

夏はどこに行こう🎶(*´▽`*) 沖縄か。。。でも、せっかくだから海外にも行きたい!!! だけど・・行ける海外って雨季のところばかりでなんかパッとしない。。。 そんな中、タイのタオ島。 ダイビングシーズンです(^o^)/ バックパッカーのメッカでもあり、ダイビングのメッカでもあるタオ。 行ってきました^^


サムイ島~タオ島

サムイの空港を出てミーティングエリアという場所まで移動し、そこでお迎えの人と合流です。
サムイの空港から10分弱でシートラン社のフェリー乗り場に到着です。
タオ島に行くフェリーは2社あるようで、もう一つは空港から1時間ぐらいかかるみたいです。

フェリー乗り場に到着し、スタッフの人がフェリーのチェックインの手続きをしてくれ、行き先ごとに振り分けられたシールをもらい、それを服に貼っておくようにということでした。

日本だったら絶対に貼らないようなシールです。
昔、バスツアーのおじいちゃんおばあちゃん達が貼っていたようなシール。

でも、これがとっても役にたちます!!

行き先別に色分けされていて、言葉がわからなくても、同じ色の人が行動したら自分たちも行動をすればいい!!
とっても助かりました。^^

サムイの観光地でもあるビッグブッダのそばのフェリー乗り場です。
歩いて10分?15分?ぐらいで行けるらしく、送迎のスタッフさんが、「スーツケースはここに置いておいても大丈夫なので、時間もあることだし、観光に行ってみるのも良いですよ^^」と。

スーツケース置きッぱで大丈夫なの?!Σ(・ω・ノ)ノ!と心配しましたが、何となく大丈夫そうです。

フェリーの出発時間まで3時間以上あります。
た~っぷり時間があるので、ビッグブッダに行ってみようかと思いつつも、
なかなか腰が上がりません。

行こうかどうしようか・・・
迷いながら、ぼけーっと海を見つめていたら、風も心地いい風に変わり、
心地いい(*´▽`*)


サムイの主要道路沿いにあるので、振り返ればお店が並んでいるようなのですが、
初めての場所+寝不足
海をぼーっと見つめていたら、暑さも感じなくなり、風が心地よさに変わり、
「ビッグブッタは眺めるだけでいいや!!」

今までの人生の中で一番ぼーっとしていた時間でした。

フェリー乗り場のところにレストランもあります。

道路沿いのほうには、コンビニもあり、お水などの調達も出来ます。
ちょっと行けばスタントバーみたいなジュース屋さんがあったりもしました。

今度、行くときは近くを散策してみたいと思います。

心地よい潮風に吹かれながら、ぼーっとしていると、
徐々に人が増えてきて、いつの間にか待合場所はごった返した状況になってました。

日本人なんて4人だけです。あとのほとんどが欧米人。
日本人を見ない旅行なんて初めてです。

船が到着し、やっとフェリーに乗船です。

「この浅瀬にどうやってフェリーが着くんだろう?」と思ってましたが、
この浅瀬の桟橋が大変でした。

この潮の引いたところに、この高い桟橋。
船に乗るのに階段を下りて行かなくてはならないんです。

器材の入った重たいスーツケースを持ってです(+_+)

それも、石の階段で、ステップの広さもそんなになく。。。
踏み外したらアウト!!!的な怖い階段。。。

そしたら、そしたら!!!
外人さんって優しいですね(*´▽`*)
私の隣にいた外人さんが、「自分が持ってあげるから、階段降りて^^」と、
私の重いスーツケースを持ってくれたんです。
優しい~~~(*´▽`*)

それも、その行動が当然であるかのように、超スマートで、超自然に。

「ありがとうございます」です。

出航して途中の島にも立ち寄りながら2時間ぐらいでタオ島到着です。
船を下りると、ごわーっと呼び込みの人がいて、降りてきた人と呼び込みの人でごったがえし。
その中でお迎えの人を探すのが一苦労でした。
無事お迎えの人と合流でき、トラックの荷台に乗ってホテルまで移動です。【続く】

Sea lady Sea lady
ジンベイ・ニタリ・バショウカジキいつか見られたらいいなぁ。ランギロアでイルカと円舞ダイビングもしたい。ラパスでアシ...
この記事が気に入ったらいいね!しよう最新情報をお届けします
カテゴリ:
エリア: タイ

キュレーター紹介
Sea lady
Sea lady
ジンベイ・ニタリ・バショウカジキいつか見られたらいいなぁ。ランギロアでイルカと円舞ダイビングもしたい。ラパスでアシカの赤ちゃんとも遊びたい。ダイビングにはたくさんの夢があって...

no comments

SNSでDIVERMAGをフォローしよう!