472
Fav
  2018年02月14日    

新製品情報も!DIVE BIZ SHOW 2018に行ってきました! vol.3

東京で開催されたダイビング関係者向けの総合展『DIVE BIZ SHOW 2018』の内容をご紹介。vol.3では軽器材と便利グッズをチェック!


先日、東京・恵比寿で開催されたDIVE BIZ SHOW2018。レポート第3弾となる今回は、軽器材に加え、あったら便利なアイテムに注目します。


過去のレポートはこちらからどうぞ!

ぴったりフィット、視界も良好!

今シーズンのマスクは、TUSAのParagonに注目!

一番の特徴は、通常は2層構造のフレームを3層で構成していること。

フレームを3つのパーツに分解したところ

中核に据えたステンレスのフレームをウレタンのやわらかな層がつつむ、剛性に優れたつくり。鼻の柱の部分もこれまでのものより細く、視界のじゃまになりません。これまでのモデルも下方の視界はじゅうぶん広かったのですが、上方の視界がさらに開け、光もよく入る明るいマスクに仕上がっています。

濁っていたり日光が届きにくい深場でのダイビングでは、マスクに視界を遮られることによる圧迫感、閉塞感で突如として不安に襲われることがあるのですが、このマスクだったらストレスなく海の中の冒険を楽しめそう。しかもレンズが紫外線をカットしてくれるので、日の光がよく届く海でも快適です。

しっかり蹴れて、疲れにくい

新しいフィンなら、マレスのエキサイトをチェック!

エキサイト

水をしっかりとらえる改良型チャネルスラストを採用。しっかりしなって推進力を確保しつつ、疲れにくいフィンに仕上がっています。エキサイトでは物足りない!という方は、より推進力を得られる硬めのエキサイトプロをチョイスして。価格も¥15,000とお手頃です。

エキサイトプロ

自分で使えないのはわかっているけれど

そしてマレスのブースではこんなものも発見!

キッズ用のスノーケルセットがかわいすぎて!マスク・スノーケル・バッグがセットになっています。

バッグは底の部分がメッシュ地になっているので、濡れてしまったマスクや海で使うアイテムを入れても大丈夫。

バリエーションもイカやカメのほか、全部で6種類。自分には小さすぎるのは重々承知ですが、「誰かプレゼントする子ども、いないかな」と何かと理由をつけて買ってしまいたくなるかわいさでした。

重たい荷物も、颯爽と担いで

さて、大人の器材はたっぷり容量のメッシュバッグに入れましょう。

FLコーポレーションで見つけたこちらのメッシュバッグはバッグパック型。重器材もウエットスーツもすべて収納可能なビッグサイズです。

バッグパックなら両手がフリーになるし、重さも両肩に分散されるし、バランスがとりやすいから歩くときにもふらつかず、いいことづくめ。ポケットつきなのもポイントです。

マクロもワイドも諦めない!

FLコーポレーションではこんなお役立ちグッズも発見!

なんと、マスクに貼る老眼鏡。しかも、その貼り付け方も衝撃的なくらい簡単。

マスクの内側に数滴の水をつけてレンズを貼り、タオルなどで水をふき取ったら24時間乾かすだけでOK!水でくっついているので、マスクを変えたときに再利用も可能です。

「遠くの群れはよく見えるのに、近くのウミウシがぼやけて見えない…」とお悩みの、度入りマスク愛用者のみなさんには必携のアイテムなのではないでしょうか。

DIVERMAG編集部 DIVERMAG編集部
DIVERMAG(ダイバーマグ)公式アカウント。ダイビングや海、旅の情報など、あなたの毎日が楽しくなる情報を発信し...
この記事が気に入ったらいいね!しよう最新情報をお届けします



キュレーター紹介
DIVERMAG編集部
DIVERMAG編集部
DIVERMAG(ダイバーマグ)公式アカウント。ダイビングや海、旅の情報など、あなたの毎日が楽しくなる情報を発信していきます。

no comments

SNSでDIVERMAGをフォローしよう!