42
Fav
  2017年03月21日    

【ポナペ通信】大しゃこ貝のおはなし

ミクロネシア連邦・ポンペイ州より不定期にお届けするポナペ通信。現地よりトム爺がゆるーくお届けいたします。


大しゃこ貝のおはなし

友人がアパートを造るため埋め立てをした。
沖から持ってきた砂や土砂で埋め立てをする。
ポナペでは埋め立てをすると、それは自分の物になる。
その土砂の中に古代のシャコ貝が多数含まれていた。
彼はそのまま埋めていたが小生が「もうこんな大きいのは居ないのだから取っておいた方が良い」 
そして集めた大シャコ貝が50数個。

世界最大は大英博物館にある1m50だそうで、ここに有る最大は1m40だ。
重さは40kgで持ち上がらない。
ポナペには取り尽くし小さい物しか残ってない。
漁師は取ると中身をだして殻は捨ててくる。
ココナッツミルクで煮るとクラムスープ、牡蛎より美味しい。

10年ほど前はアスファルトの穴はこれで塞いでいた、うっかり乗り上げようなら天井に頭を打ちつける。

石垣島にも昔は沢山いたが、ダイビングショップの乱立と共に姿を消した。
そこのお土産店で45cmが36万円で売られていた。

トム爺 トム爺
ミクロネシア連邦・ポンペイ州からポナペ通信をお届けします。
この記事が気に入ったらいいね!しよう最新情報をお届けします

エリア: その他ミクロネシア

関連するタグ
キュレーター紹介
トム爺
トム爺
ミクロネシア連邦・ポンペイ州からポナペ通信をお届けします。

no comments

SNSでDIVERMAGをフォローしよう!