410
Fav
  2017年12月18日    

中村征夫最新写真集『極夜』 写真展も開催

今から40年前にエスキモーの村、シオラパルクを訪れた中村征夫さん。厳しい環境で生きる人々や動物たちとの暮らしをおさめた貴重なフィルムが現代によみがえりました。


水中カメラマンとしても知られる中村征夫さんは、1977年2月、報知新聞の特派員として地球最北の村を訪れていました。

グリーンランドにあるシオラパルクは、1年のうち4ヶ月は太陽がのぼらない極夜の村。気温が零下40度を下回ることもあるという過酷な環境のもと、人々は犬ぞりを駆使して、アザラシやセイウチなどの猟を行いながら暮らしています。

極限の世界でフィルムに収められたエスキモー(※)の貴重な生活。長い間お蔵入りとなっていたモノクロ作品たちが40年の時を経て、いまよみがえります。

※シオラパルクでは自らの民族に誇りをもって「イヌイット」ではなく「エスキモー」と自称しています。

■極夜

価格/¥1,600 +税
著/中村征夫
出版/新潮社
発売日/2017年12月25日

写真展&記念講演会

年明けには、モノクロ作品約50点を展示する写真展を東京と神戸で開催。ギャラリートークも行われる予定です。また大阪では記念講演会とサイン会も開催されます。

春から秋のシオラパルクは他の方も撮影していますが、太陽のない季節の極夜の世界はあまり撮られていないそう。厳冬期に1ヶ月滞在しての撮影が「ドキュメンタリーカメラマンとして起点となった」という中村征夫さん。その貴重な作品をぜひ手にとって、そして写真展に足を運んでみてください。

ポートレートギャラリー 新春企画展 中村征夫写真展『極夜』 地球最北の村、シオラパルクへ1977

■東京
日程/2018年1月6日(土)〜1月17日(水)
会場/ポートレートギャラリー
http://www.sha-bunkyo.or.jp/top/map.html

ギャラリートーク/1月6日(土)、7日(日)、13日(土)、14日(日)。いずれも14:00〜15:00

■神戸
日程/2018年2月1日(木)〜6日(火)
会場/デュオギャラリー
http://www.duokobe.com/map/

写真展・写真集 記念講演会及びサイン会

日程/2018年2月1日(木)18:30開演
会場/朝日新聞大阪本社 アサコムホール

参加費500円、要事前申し込み

受付/1月10日(水)よりメールで受付。全日本写真連盟関西本部(kansai@photo-asahi.com)あてに住所、氏名、電話番号、メールアドレス、全日写連会員か非会員を明記して応募。

問い合わせ/全日本写真連盟関西本部 TEL. 06-6201-8006

DIVER1月号でインタビューを掲載しています

発売中のDIVER1月号でも、『極夜』を紹介しています。中村征夫さんのインタビューも掲載。こちらもぜひあわせてご覧ください!

DIVERMAG編集部 DIVERMAG編集部
DIVERMAG(ダイバーマグ)公式アカウント。ダイビングや海、旅の情報など、あなたの毎日が楽しくなる情報を発信し...
この記事が気に入ったらいいね!しよう最新情報をお届けします
カテゴリ: 写真


関連するタグ
キュレーター紹介
DIVERMAG編集部
DIVERMAG編集部
DIVERMAG(ダイバーマグ)公式アカウント。ダイビングや海、旅の情報など、あなたの毎日が楽しくなる情報を発信していきます。

no comments

SNSでDIVERMAGをフォローしよう!