352
Fav
  2017年10月25日    

ゴールは音楽フェス♪競わないランイベント Runtrip viaで石垣島を堪能!

ゴール地点の石垣島最大の音楽フェスを目指し、自由なルートで、自由なペースで、島を感じながら走るランニングイベントが11月25日に開催されます。


ソーシャル系ランイベント『Runtrip via(ラントリップ ヴィア)』。
アプリを片手に、自由なルートを好きなペースで走るというランイベントです。
今回開催される『Runtrip via TsunDAMI ISLAND FESTIVAL』では、石垣の大自然やグルメスポット・石垣牛(!)との出会いを楽しみながら、島最大の音楽フェス・TsunDAMI ISLAND FESTIVALの会場を目指します。

競技としてのマラソンとは異なり、”競わない”のがRuntrip via。参加者全員がお揃いのアイテムを身につけ、時間までにゴールのパーティー会場を目指します。専用のアプリでは、自分の位置はもちろん、他の参加者の現在位置も確認でき、ルートやタイムの計測も可能。

途中で他の参加者と合流したり、絶景ポイントに寄り道して休憩したり。石垣島の大自然をめいっぱい堪能し、一瞬一瞬を楽しみながらゴールに向かいましょう。

ゴール地点では、お互いのランを讃えみんなで乾杯!参加者のみんなと感動を共有します。

ゴール会場で行われる『TsunDAMI ISLAND FESTIVAL』は、石垣島最大の音楽フェス。

TsunDAMIは伝統楽器・三線の調律、調和を意味します。参加者がこの島でしか得られない体験や感動を得て、それを仲間と分かち合うこと。そして島と繋がっていく時間を届けたいという願いが込められているそう。

思いきり体を動かしたあとに仲間たちと乾杯をして、国内外で活躍する6組のアーティストが奏でる豊かな音楽を体いっぱいに浴びることができるなんて、こんなに幸せなことはありませんね!

参加アーティスト

きいやま商店: 石垣島在住の従兄弟・兄弟で結成されたエンタメバンド ( http://kiiyama.jp/

Sky’s The Limit:世界的オーディション番組『X FACTOR』の初代グランプリを受賞した、沖縄発4人組ヴォーカルグループ( http://www.stl-music.jp/

SPECIAL OTHERS ACOUSTIC: 日本が世界に誇るジャムバンド、いつもの楽器をアコースティック楽器に持ち替え、2014年に活動を開始( http://www.specialothers.com/

SOIL&”PIMP”SESSIONS:ラフでエンターテイメント、バースト寸前の爆音ジャズを展開( http://www.jvcmusic.co.jp/soilpimp/

BEGIN:石垣島出身の国民的アーティスト、代表曲の「島人ぬ宝」、「涙そうそう」は老若男女に歌い継がれる楽曲となっている。( http://www.begin1990.com/

宮沢 和史: THE BOOM解散後初の石垣ライブ。代表曲のひとつである「島唄」は、各国のミュージシャンにカバーされ、国境を越えて 今なお世界に広がり続けている。( http://www.miyazawa-kazufumi.jp/

MINMI: ジャパレゲの歌姫、石垣島へ。歌手活動だけでなく新時代を切りひらく女性として、幅広い世代から支持されており、ファッションや発信するメッセージでも多くの女性に影響を与えている。( http://minmi.jp/

石垣島の大自然を堪能しながら、楽しく走るRuntrip via TsunDAMI ISLAND FESTIVAL。気持ちよく走れること請けあいのイベントですが、残念ながら参加できないというかたは、都内各所で開催されるRuntrip viaに参加してみてはいかがでしょうか。直近では、浅草(11月3日)、永田町(11月18日)、代官山(12月3日)で開催予定です。詳しくは公式サイトをチェックしてくださいね。

■Runtrip via TsunDAMI ISLAND FESTIVAL
日程/2017年11月25日(土)
時間/13:00 〜 21:00 (LIVEは14:00〜21:00)

DIVERMAG編集部 DIVERMAG編集部
DIVERMAG(ダイバーマグ)公式アカウント。ダイビングや海、旅の情報など、あなたの毎日が楽しくなる情報を発信し...
この記事が気に入ったらいいね!しよう最新情報をお届けします
カテゴリ: ニュース
エリア: 石垣島

キュレーター紹介
DIVERMAG編集部
DIVERMAG編集部
DIVERMAG(ダイバーマグ)公式アカウント。ダイビングや海、旅の情報など、あなたの毎日が楽しくなる情報を発信していきます。

no comments

SNSでDIVERMAGをフォローしよう!