274
Fav
  2017年10月16日    

APS-CサイズCMOSセンサー搭載!PowerShot G1 X Mark III

キヤノンは、プレミアムコンパクトカメラPowerShot Gシリーズの新製品としてフラッグシップモデル“PowerShot G1 X Mark III”を2017年11月下旬より発売します。


2014年3月に発売された「PowerShot G1 X Mark II」の後継機種が11月リリースに。本格的な写真表現を求めるユーザー向けに開発されたレンズ一体型カメラです。

APS-CサイズのCMOSセンサー、大口径ズームレンズ、映像エンジンDIGIC 7の連携により、軽量コンパクトボディーながらフラッグシップモデルにふさわしい高画質を実現しました。

PowerShot G1 X Mark III

キヤノンコンパクトカメラ初となるAPS-Cセンサー採用で美しく

APS-Cサイズ・有効画素数約2420万画素(※1)のCMOSセンサーの採用に加え、新設計の大口径光学3倍ズームレンズ(24-72mm相当[※2]/F2.8-F5.6)を搭載し、美しいボケ味や豊かな階調を表現した撮影が可能です。また、映像エンジンDIGIC 7搭載により、高感度撮影時のノイズ耐性や高解像度を実現し、静止画撮影時の常用ISO感度25600を達成しています。

※1 総画素数約2580万画素。
※2 35mmフィルム換算。

軽量コンパクトボディに充実の撮影機能を搭載

約115.0mm(幅)×77.9mm(高さ)×51.4mm(奥行き)、質量約399gと、従来機・PowerShot G1 X Mark IIと比べて、質量約27%、体積約16%という軽量・小型化を実現。さらに持ち運びしやすくなりました。

その一方で、高精度・高画質を実現する「デュアルピクセルCMOS AF」や、防じん・防滴性能など、撮影機能も充実。ファインダー撮影時には、内蔵する高精細EVFとタッチ操作が可能なバリアングル液晶モニターが連動し、EVFをのぞきながらEVF上に表示されたAF枠を液晶モニターのタッチパネル操作で移動できる「タッチ&ドラッグAF」機能を搭載。直感的なピント合わせが可能です。

ハウジングも発売されます

「IPX8」相当、水中40m防水のハウジングも11月下旬に発売される予定です。

ウォータープルーフケース WP-DC56 ¥41,800 +税

■PowerShot G1 X Mark III
価格/オープン
発売日/2017年11月下旬

DIVERMAG編集部 DIVERMAG編集部
DIVERMAG(ダイバーマグ)公式アカウント。ダイビングや海、旅の情報など、あなたの毎日が楽しくなる情報を発信し...
この記事が気に入ったらいいね!しよう最新情報をお届けします
カテゴリ: ニュース


キュレーター紹介
DIVERMAG編集部
DIVERMAG編集部
DIVERMAG(ダイバーマグ)公式アカウント。ダイビングや海、旅の情報など、あなたの毎日が楽しくなる情報を発信していきます。

no comments

SNSでDIVERMAGをフォローしよう!