265
Fav
  2017年08月22日    

スマホからの解放!3つのプログラムでデジタルデトックスしよう

星野や竹富島では、スマホやタブレットなどのデジタル危機から解放され、日頃の疲れやストレスの緩和を目的とした「脱デジタル滞在・秋」を10月3日から開催。島たこ採りなどのプログラムで心と身体を調えていきましょう。


気づけばスマホを眺めている━━━。そんなひとも多いのでは。

近年のスマートフォンやタブレットの普及による心身の疲れやストレスを緩和するために、デジタル機器から解放されることを目的とした「脱デジタル滞在」を提案しているのが、人気の滞在型リゾート「星のや」。軽井沢、京都、富士、竹富島の4つの施設で、各地の伝統文化や自然に触れたり、スパトリートメントで心と身体を整える体験を用意しています。DIVERMAG読者ならぜひ綺麗な海に囲まれた竹富島を訪れたいところ。

星のや竹富島が提案する「脱デジタル滞在・秋」は、島たこ(げんこつくらいの大きさのたこ)採り体験をメインに構成した2泊3日のプログラム。

島たこが活動する「満月」「大潮」「干潮」の3つの条件がすべて揃う稀少な夜にしか体験できないプログラムで心と身体をじっくり調える。単にデジタルから解放されるだけではなく、自分の時間を確保して自分と向き合うことの大切さを再認識できることでしょう。

1. 月のあかりをたよりに夜の海で挑戦する、島たこ採り

島のおじいにレクチャーを受けながら、月明かりをたよりに、島たこ採りに挑戦します。膝ぐらいの深さのところで、よく目を凝らして海中にいる島たこを探します。見付けたら、モリでひと突き。採れたときの達成感と少し汗ばむくらいの心地よい疲労を味わうことができます。

2. 島に住む三線の名人からマンツーマンで教わる、三線のプライベートレッスン

優しい音色が魅力の三線は、弦楽器の一種です 。竹富島では、島の行事をはじめ、各家庭の祝いの席でも欠かせません。このプログラムでは、島に住む三線の名人が、楽譜の読み方から弾き方まで分かりやすく教えてくれます。練習曲は、「むすんでひらいて」、「キラキラ星」、竹富島に伝わる古揺「安里屋ゆんた」などの親のある曲。個々のレベルにあわせて進めるため、楽器類を触ったことがない方でも心配無用。 「工工四(くんくんしー)」という漢字で縦書きに表記された楽譜を読んだり、指先を動かしたり、演奏に集中することで、心も頭もすっきりします。三線は、チェックアウトまでレンタル可能。縁側に座って、島の風を感じながら自主練習するのも気持ちの良いひとときです。

3. オールハンドのオイルトリートメントでリラックス、星のやスパ『元(げん)』

眺めのよいスパでオールハンドのオイルトリートメントを体験。生姜やブラックペッパーを使ったスパイシーな香りのオイルで、疲労が溜まった心身も和らいでいきます。

その他、客室には泡盛3種の飲み比べが出来るセットが。蔵、年数、度数によって、芳醇さやまろやかさが異なります。泡盛は、味と香りを楽しむためにストレートやロックで味わうのもよいですが、地元の人は色々な飲み方で楽しんでいます。あまり飲みなれていない方には、水で割った泡盛を冷蔵庫で一晩寝かせるのがおすすめ。まろやかな飲み口になります。

デジタルから離れて自分自身と向き合う時間を

スマホがないと落ち着かない。休みの日でもついついPCをひらいてメールをチェックしてしまう。
忙しく働くことを否定するわけではありませんが、たまにはじっくり自分の身体を労わり、心を整えるために時間を費やすのもまた必要なことなのかもしれません。

脱デジタル滞在・秋 ~夜の海で島たこ採り体験~

期間/2017年10月3日~7日、11月2日~6日、12月2日~6日
含まれるもの/たこ採り体験、三線体験、島んちゅの晩酌、スパ(1回)、水牛車観光、朝食(1回)
料金/1人 80,000円(税・サービス料別、宿泊費別)
予約/10日前18時まで

DIVERMAG編集部 DIVERMAG編集部
DIVERMAG(ダイバーマグ)公式アカウント。ダイビングや海、旅の情報など、あなたの毎日が楽しくなる情報を発信し...
この記事が気に入ったらいいね!しよう最新情報をお届けします
カテゴリ: ニュース
エリア: その他沖縄離島

キュレーター紹介
DIVERMAG編集部
DIVERMAG編集部
DIVERMAG(ダイバーマグ)公式アカウント。ダイビングや海、旅の情報など、あなたの毎日が楽しくなる情報を発信していきます。

no comments

SNSでDIVERMAGをフォローしよう!