253
Fav
  2017年09月29日    

まるで絵本!すみだ水族館 × 清川あさみ × 宮沢賢治の世界

11月19日まですみだ水族館で開催中の『Fairy tale in Aquarium 〜水と幻想の世界〜』。アーティスト・清川あさみさんの手によって、芸術の秋にぴったりな宮沢賢治ワールドがひろがっていました。


写真に刺繍を施した作品でも知られるアーティスト・清川あさみさんがプロデュースするイベントがすみだ水族館で始まりました。その題材となっているのは、『雨ニモマケズ』や『セロ弾きのゴーシュ』など数々の代表作をもつ童話作家の宮沢賢治。

日本を代表するふたりのクリエイターによって、まるで絵本の世界に迷い込んだような幻想的な世界が東京・下町の水族館に現れました。

教科書でもおなじみの、やまなし

タイトルではピンとこなくても「クラムボンはわらったよ。」というフレーズは聞き覚えのあるかたも多いのでは。エントランスでゲストを出迎えるのは『やまなし』の物語をイメージした、約7mの大きな映像作品。今回のためにオリジナルで制作されたものだそう。

きらきらと光が差し込む水面を見上げるカニの親子。優しい光と輝く泡が広がる映像を見上げて、美しく透明感のある世界を堪能して。空からとぷんとやまなしが降ってくるシーンは必見です。

イーハトーヴの森を泳ぐクラゲたち

クラゲゾーンのモチーフとなるのは、宮沢賢治の生前に発表された数少ない童話のひとつでもある『グスコーブドリの伝記』。作品の中でブドリとネリが暮らした色彩豊かなイーハトーヴの森をたくさんのクラゲたちがたゆたいます。

刻一刻と変わってゆく映像、そして色彩。時間を忘れてぼうっと見惚れてしまいそうな幻想的な世界に、ふわふわと漂うクラゲがよく似合います。

銀河鉄道が駆ける天の川のトンネル

宮沢賢治と聞いて、『銀河鉄道の夜』を思い浮かべるかたも多いのでは。クラゲ万華鏡トンネルでは、銀河鉄道で渡る天の川をイメージ。約50メートルにも及ぶ鏡張りの空間は息をのむ美しさです。

水晶やトパーズの河原、きらきら燃えるとうもろこしの地平線など、宮沢賢治らしい言葉で綴られた世界が映像化されていて、まるで自分も銀河鉄道に乗り込んでしまったような気持ちに。

もちろん、ジョバンニとカムパネルラもこの銀河を旅しています。

トンネルに足を踏み入れれば、”りんごと薔薇の匂いがする風”を感じるはず。物語に合わせて、香りにもこだわってコーディネートしたそうです。

水槽を覗き込むと、クラゲが泳ぐ世界を銀河鉄道が駆けていました。

限定のスイーツに、ワークショップも

今回のイベントにあわせてスイーツは11月19日まで。
星屑をちりばめた銀河をイメージした美しいベリーソースに浮かぶモンブランに、清川さんの代名詞・スパンコールやビーズをイメージしたカラフルなゼリーのボールが可愛らしい、なし味のオリジナルソーダ。どちらも館内のペンギンカフェで販売されています。

左/銀河系スイーツプレート 650円
右/Fairy taleソーダ 600円

また、靴を脱いで寛ぐスタイルのリーディングテラスには、ペンギンやチンアナゴなどの絵本がたくさん用意されていて、ファミリーでの休憩にもぴったり。この日も小さなお子さん連れのゲストが何組も利用していました。

他にも手のひらサイズの絵本がつくれるワークショップが開催されるなど、大人も子どもも楽しめるイベントです。

私も子どもの頃に宮沢賢治作品はいろいろ読んだはずなのですが、時間がたって記憶は朧げ。ピンポイントでいくつかのフレーズやシーンは覚えているものの、物語はなんとなくしか覚えていなかったり…。これから訪れる”読書の秋”に、読み返してみたくなりました。

あっという間に幻想的な童話の世界に引き込まれてしまう展示は”芸術の秋”にぴったり!その映像や世界観の美しさは、ぜひ現地に足を運んで体感してみてください。

■Fairy tale in Aquarium 〜水と幻想の世界〜

期間/2017年9月29日(金)〜11月19日(日)
会場/すみだ水族館
住所/東京都墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウン・ソラマチ 5F・6F

yoshi yoshi
海もダイビングもすきですが、まちあるきや、きれいな景色を見ながらぼーっとするのも好き。おいしいものも大好きです。
この記事が気に入ったらいいね!しよう最新情報をお届けします
カテゴリ: ニュース


キュレーター紹介
yoshi
yoshi
海もダイビングもすきですが、まちあるきや、きれいな景色を見ながらぼーっとするのも好き。おいしいものも大好きです。

no comments

SNSでDIVERMAGをフォローしよう!