215
Fav
  2017年07月11日    

いよいよ始まった!深海2017を楽しむ5つのポイント

7月11日から10月1日まで、上野の国立科学博物館で開催中の「深海2017」。深海好きにはたまらない、深海初心者でも楽しめる、噂の深海展のみどころをご紹介します。


あの”深海展”が帰ってきた!

2013年に開催された特別展「深海」。
世紀のスクープ映像といわれたダイオウイカの展示で注目をあつめ、60万人を集客。連日の大行列がメディアでも頻繁に報道され、深海ブームを巻き起こしました。

あれから4年が経ったこの夏、「深海2017」が国立科学博物館で開催され、ふたたび深海の世界に注目が集まっています!

7月11日より、深海2017がスタート!

2回目となる今回は、深海生物そのものというより「深海生物の研究」にスポットを当てた構成。8,000mを超える海溝をはじめ様々な深海環境が存在する日本列島では、最新の設備を用いながら、さまざまな研究がすすめられています。普段触れることのない深海の世界ですが、最新の映像やCG、実物とともに分かりやすく紹介されていて、”深海初心者”でも楽しめる展示になっています。

深海に棲む不思議な生物や海底資源などを、6つにエリア分けして分かりやすく展示(深海とは / 深海と生物 / 深海と巨大災害 / 深海と資源 / 深海と地球環境 / 深海を調査する機器)。

今回は、深海2017のみどころを、DIVERMAG編集部の独断と偏見も交えながらご紹介していきます!

point 1. 真っ暗闇の世界で光を放つ生き物たち

太陽の光が届かないため真っ暗な深海の世界。しかしそこに暮らす生き物たちの中には、なぜかピカピカと眩しいくらいに光を発するものがいます。陸上ではあまりお目にかからない”光る生き物”ですが、深海の世界ではなんと90%以上の種が光を発するんだとか!彼らはなぜ、暗闇のなかで光るのか。「生物発光シアター」ではその発光の謎に迫ります。

生物発光シアターの展示。標本や解説パネルのほか、中央には深海での様子を映し出すモニターも設置されています

光る理由は、逃げるため、威嚇するためなど様々

標本も展示されています

このコーナーでの個人的おすすめは、デメニギス!!透明な頭のなかに大きな緑色のぎょろりとした目。これぞ深海!な、ユーモラスなフォルムの持ち主です。モニターでは捕食シーンのCGなどが見られます。その姿はぜひ実際にご自身で確認してください!

point 2. まだ究明されていないたくさんの謎

ひとが立ち入ることのできない深い深い海底の世界には、まだまだ解き明かされていない謎がいっぱい。生き物たちの生態も分からないことだらけです。

たとえばこのシダアンコウ。なぜかずーっと体を逆さまにしたまま、泳いでいます。

頭にはチョウチンアンコウのような突起物があり、これを海底にたらして餌を探しているよう。常に逆さまなのか、それとも餌を見つけると反転するのか。その姿はいまだカメラに収められておらず、謎のままです。

面白かったのが、この”サメハダホウズキイカ科の1種とホラアナゴ科の1種”の映像。餌の少ない水深1000mの世界は、つねに生きるか死ぬかの生存競争が繰り広げられていることが垣間見えました。このパネルだけでは面白さが伝わらないのがもどかしい!ぜひ実際に深海で収められた映像を見てほしいです。

point 3. 深海のプレデターは誰?

陸上で食物連鎖の最上位の捕食者(トップ・プレデター)はヒトですよね。では深海のトップ・プレデターはだれなのか。その答えは未だ解き明かされていません。

自分よりも体の大きな動物をライオンが食べるなど、陸の世界では体の大小によらずにそのピラミッドが築かれていますが、海中では体の大きなものがより上位にたつ傾向があると言います。とはいえ例外もあり、実際のトップ・プレデターが誰なのかは体の大きさだけで判断することはできません。

ユメザメ、カグラザメなどがトップ・プレデター候補として展示されており、いったい誰がピラミッドのトップにたっているのか、想像しながら会場を回るのも楽しみかたのひとつです。

こちらは約3mのオンデンザメの標本。重量は約250kgあるそうです。大きい!!と思いましたが、これでもまだ未成熟な個体で、成長すると全長は7mを超すんだとか。

オンデンザメは長寿でも知られており、2016年にグリーンランドで漁獲された28個体のうち、もっとも長寿なものは512歳であったことが分かっています。

ちなみにこちらは音声ガイド。ナビゲーターは、深海生物ファンとしても知られ、有人潜水調査船「しんかい6500」での潜水経験もあるタレントの中川翔子さん。

貸出料金として520円(税込)が必要ですが、ガイドを聞きながら展示を見て回るのが絶対におすすめ!本展示の監修者でもある倉持利明先生(国立科学博物館)、藤倉克則先生(海洋研究開発機構)の特別解説も交えながら、分かりやすくナビゲートしてくれます。

DIVERMAG編集部 DIVERMAG編集部
DIVERMAG(ダイバーマグ)公式アカウント。ダイビングや海、旅の情報など、あなたの毎日が楽しくなる情報を発信し...
この記事が気に入ったらいいね!しよう最新情報をお届けします
カテゴリ: ニュース


キュレーター紹介
DIVERMAG編集部
DIVERMAG編集部
DIVERMAG(ダイバーマグ)公式アカウント。ダイビングや海、旅の情報など、あなたの毎日が楽しくなる情報を発信していきます。

no comments

SNSでDIVERMAGをフォローしよう!