132
Fav
  2017年05月26日    

重さ300g!誰でも楽しく簡単に飛ばせるカメラドローン「DJI SPARK」登場

民生用ドローンと空撮技術で世界をリードするDJIが、簡単な操作で楽しく飛ばせる小型カメラドローン「DJI SPARK」を発表。手のひらから離陸できるSparkで、日常生活の特別な瞬間を撮影し、シェアしてみませんか。


簡単な操作のドローン

Sparkは、DJIの革新的な技術により、手の動きだけで操作が可能なDJI初のミニドローンです。ドローンをこれまで飛ばしたことがない人でも、自分の手の動きだけで簡単に操作できます。

手のひらから離陸すると、Sparkは自動でジェスチャーモードに入ります。このモードには、手のジェスチャーに合わせてSparkを操縦できるPalmControl(パームコントロール)など新しい操縦機能を搭載しています。

ジェスチャーモードでは、手の動きだけでSparkを飛行させ、セルフィー撮影した後に、また手元に戻すことも可能です。

軽量で、持ち運びも簡単です

Sparkは、どこへでも連れて行ける、理想的なライフスタイル・アクセサリー。その重さはわずか300グラム!缶ジュースよりも軽く、どんなバッグにも簡単に収まります。

数秒で離陸できちゃう!

Sparkは数秒で離陸できるため、撮影したいその瞬間を逃しません。Sparkは、送信機またはモバイルデバイス、ジェスチャーによる操作が可能です。

カラーは5色!

アルペンホワイト、スカイブルー、メドウグリーン、ラヴァレッドとサンライズイエローの 5色があります。

5色のカラーバリエーション

QuickShotで簡単にプロのような動画撮影を

Sparkの新しいフライトオプションにより、印象的な瞬間を簡単に撮影し、シェアすることができます。新たに搭載したQuickShot (クイックショット)のインテリジェント機能を使うと、楽しく簡単に、まるでプロが撮ったような動画を撮影できます。QuickShotでは、被写体をフレームに収めつつ、設定された経路に沿って飛行しながら、短い動画を撮影できます。

4つのモードを搭載

QuickShotには、カメラを下向きにして機体が上昇し撮影するRocket (ロケット)モード、斜め後ろ方向に上昇して撮影するDronie (ドローニー)モード、被写体の周囲を回りながら撮影するCircle (サークル)モード、上昇しながら被写体の周囲を旋回し撮影するHelix (螺旋)モードの4つのモードがあります。QuickShotのどのモードでも、Sparkは自動的に約10秒の動画を作成するので、すぐにSNSにシェアでき、特別な瞬間をみんなに共有できます。

モバイルデバイスでタップした地点へ飛行できます

Sparkは、TapFly (タップフライ)やActiveTrack (アクティブトラック)などの従来からあるインテリジェントフライト機能も搭載しています。DJIのビジョンテクノロジーに基づいて開発された、TapFly (タップフライ)の新モードCoordinate(コーディネート)は、モバイルデバイス上のタップした地点へSparkを飛行させることができます。また、Direction(ディレクション)モードでは、画面上でタップした方向へSparkが飛び続けます。ActiveTrack (アクティブトラック)では、Sparkは、選択した被写体を自動で認識し、追尾します。被写体を常にフレームの中央に捉え、動いている被写体でも完璧な映像を撮影できます。また、Sparkは、TapFly や被写体の追尾中でも、前方の飛行経路にある障害物を認識します。

DJIさん(@djiglobal)がシェアした投稿 -

機体に乗っているかのような映像も見れます

Sparkは、送信機を使うことで、S (Sport)モードに切り替えることができ、飛行速度を最大時速約50kmまで引き出すことができます。S (Sport)モードでは、ジンバルをFPV(First Person View: 1人称視点)に初期設定しています。そのため、まるで機体に乗っているかのような映像を見ることができます。また、SparkはDJI Goggleに対応し、没入感あるFPV飛行体験を味わうことができます。

DIVERMAG編集部 DIVERMAG編集部
DIVERMAG(ダイバーマグ)公式アカウント。ダイビングや海、旅の情報など、あなたの毎日が楽しくなる情報を発信し...
この記事が気に入ったらいいね!しよう最新情報をお届けします
カテゴリ: ニュース


関連するタグ
キュレーター紹介
DIVERMAG編集部
DIVERMAG編集部
DIVERMAG(ダイバーマグ)公式アカウント。ダイビングや海、旅の情報など、あなたの毎日が楽しくなる情報を発信していきます。

no comments

SNSでDIVERMAGをフォローしよう!